2017年07月10日

殻には秘密も隠している? ヤドカリの知られざるプロフィールを大紹介!

どの海の海岸にもいる可愛らしい生物といえばヤドカリですよね。ヤドカリが殻に住んでいることはみんな知っていますが、それ以外のことご存知ですか?ヤドカリは身近な生物ですが、身近すぎるがために私たちはあまりその生態について詳しく知りません。今回はヤドカリの知られざる秘密を大紹介します!

 
 

意外と知らないヤドカリの基本情報

浜辺に行ったら、綺麗な貝殻を拾ってみてください。
もしかしたらヤドカリがひょっこりと出てきて、あなたを驚かせるかもしれませんから。
 
ご存知の通り、ヤドカリは貝殻のお家に住みます。
もちろんずっと家の中にいるわけではありません。
出てくる必要があったり、驚いたりしたときには家から出ていきます。

 

ヤドカリのサイズも大小さまざま。
かなり大きなものだとココナッツくらいの大きさにもなります。
 
サイズもさまざまなら、色もさまざま。
でも、基本的には明るい茶色やグレーが多いですね。

 

実はヤドカリは色々な場所で生活することができるって知っていましたか?
 
ヤドカリは適応力が非常に高い生き物です。
 
どこでも生活できるヤドカリですが、1つだけ条件があります。
 
それは生活する場所には貝殻が必要だということ。
 
貝殻がたくさんある場所は浜辺ですよね。
だから、基本的には浜辺に生息しています。
適応力が高いヤドカリをペットとして買う人もいます。
ヤドカリはユニークで、世話もしやすいので意外と人気のペットです。
 
 

ヤドカリは40年も生きる?

ヤドカリ_1

ヤドカリの寿命は短くありません。
 
ヤドカリの寿命は 約5~15年 と、あなたが思っている以上に長いです。
長生きなヤドカリは 25年間 、まれに 40年間 も生きるヤドカリもいるのです。
 
しかしペットショップで購入されて、狭い容器で育ったヤドカリは数か月で死んでしまうことがあります。

 

自分の体に合った殻を見つけることができたヤドカリは、より長生きするチャンスに恵まれます。
 
もしヤドカリを飼う場合には、さまざまな大きさの貝殻を用意してあげるといいですね。
 
 

ヤドカリも鳴き声を出すの?

ヤドカリ_2

すべてのヤドカリではありませんが、鳴き声を出すヤドカリもいます。
ヤドカリが鳴き声を出す理由は専門家もはっきりとわかっていません。
 
危険を感じたら鳴き声を出すと考える人もいれば、恋人を発見するために鳴き声を出す、もしくは周囲の環境を確かめるために鳴き声を出すと考える人もいます。
 
 

栄養満点の食事が必要なヤドカリ

ヤドカリというと草食のイメージがありますよね?
でも、ヤドカリは小さな虫も植物も食べる雑食です。
 
彼らの食事は栄養バランスがとれたものでないといけません。
 
生き残るために、栄養満点の食事、特にカルシウムを摂取する必要があります。
 
ペットとしてヤドカリを飼うときには、新鮮な野菜やフルーツ、お肉、そして葉っぱなどをあげるといいですね。
基本的に嫌いな食べ物がないので何でも食べます。
 
でも、糖分・塩分が入ったものはヤドカリの体に悪いので控えるようにしましょう。
 
ヤドカリはお水も飲みます。
そして、お水を飲む姿が最高に可愛らしいです!
ハサミをお水の中に入れて、口に小さな水滴を落とすようにお水を飲みます。
 
本当にチャーミングなので、機会があればぜひみてください。
 
 

最大の謎!ヤドカリと殻の関係性

ヤドカリ_3

ヤドカリは卵からふ化して生まれます。
生まれたばかりのヤドカリの赤ちゃんは水中で成長します。
 
水中で何度か脱皮を繰り返した後、ヤドカリの姿になるのです。
 
この時期の若いヤドカリは水と陸に住む生物のエサとなることが多々あります。
 
ヤドカリの貝殻ではなくて、体を触ったことはないという人がほとんどだと思います。
ヤドカリの体は、とっても柔らかいです。
 
その柔らかな体を守るために丈夫で頑丈な貝殻に頼って生きています。
 
殻を見つけたヤドカリは、自分の家を見つけたということですね。
 
でも、どうやって自分にピッタリの殻を見つけることができるのでしょうか?
気になる殻を見つけたら、ヤドカリはハサミを使って入口のサイズを確認します。
 
ヤドカリにとって玄関はとっても重要な場所。
 
もし入り口である玄関を気に入ったら、今度はお掃除の時間です。
ヤドカリはハサミで殻を転がして、殻の中にあるものを取り除きます。
 
そして体を貝殻の中に入れて、お引越し完了というわけです。
 
 
ヤドカリは成長に合わせて貝殻も変えていきます。
小さくなった貝殻は残しておくので、次のヤドカリは中古の家を見つけることが多々あります。
 
成長しきったヤドカリは殻の傷み具合で定期的に引っ越しをします。
種類によっては、気分で引っ越しをするヤドカリもいますよ。
 
なんだか人間みたいですよね。
 
お家が大好きなヤドカリは基本的には家の中にこもっています。
だから、ヤドカリが活発に動いている様子を見たことがないという方は多いです。
 
ヤドカリは夜になると活発になるという性格があります。
もしヤドカリが動いている様子を見たければ、夜の浜辺に行ってみてください。
 
 
それでは、よい旅を!

この記事をシェア

Writer紹介

Avatar Image

「こんにちは!ジンベエさん」編集部

ジンベエザメや沖縄の海のこと、ジンベエジェットなどの情報をみなさんに届けるために日々奮闘中。