2017年03月09日

ジンベエザメって、どんなご馳走を食べて大きくなっているの?

世界一の大きいサメであり魚だといわれる、ジンベエザメ。暖かい地方の海域でしか見ることが出来ず、日本国内では沖縄近海で見ることが出来ます。なんとなく怖いイメージのあるジンベエザメですが、あの巨大な体はどんなご馳走を食べて維持しているのでしょうか。ここでは、ジンベエザメの基本的な生態と気になる食生活についてご紹介します。

ジンベエザメは海に天敵がいない世界で一番大きな「魚」

世界一大きい魚であるジンベエザメは、その大きさは最大で12メートル以上になるともいわれています。

印象深いのが、幅広な顔かと思います。その見た目からは愛くるしさを感じる人も多いのではないでしょうか。

 

「サメ肌」という言葉がありますが、ジンベエザメの皮膚は約10センチにも上るとされています。

成体になったら天敵となる海中生物は存在しないのだとか!となると、捕食されないのであれば、あとは食べるのみ!天敵のいない海で、ジンベエザメはどういった食生活を営んでいるのでしょうか。
 

ジンベエザメって、人食いサメ?

映画などの影響もあり、サメと聞けば「人食いザメ」を想像する人もいることと思います。しかし、ジンベエザメはとっても温厚なサメ。そしてなにより、こんなに大きな体を持ちながら怖がりさん。泳ぐのものんびりゆったりで、人を襲うことはまずないといわれています。安心してくださいね。
むしろ、成体になるまでは捕食の対象となり、人間を襲うどころか捕食される危険と戦って過ごしています。
成熟して大きな体になるまでは格好のエサとなってしまうのです。

あの巨体は、プランクトンから出来ていた!

ジンベエザメの巨体を見ると、なにやら大きな海洋生物を捕食しているように思えます。しかし意外にも、ジンベエザメの主食はプランクトン。また、海藻や魚卵、小魚といった体に似合わず意外な食生活なのです。
 
ジンベエザメは、あの特徴的な幅広の口を思いっきり大きく開けて、海水をガブガブ飲みこみます。海水を飲みこむ量は、100リットル以上にもなるというから驚きです。
そんなに水を飲みこんだら、水でお腹がいっぱいになってしまうのでは、と心配になりますが、大丈夫。エラの奥にクシのような器官があり、そこでプランクトンや小魚をしっかりとキャッチしています。飲みこんだ海水はクシの隙間を通りぬけ、鰓孔(えらあな)と呼ばれるエラの後ろにある排水口から体外に排出されます。クシに残ったプランクトンをたっぷり食べることが出来るということです。
 
その姿は迫力満点!沖縄の海ではダイビングやグラスボート、水族館などで見ることができます。国内では大変貴重な経験の出来るスポットが沖縄ということになりますね。
 

ジンベエザメの歯やお腹はどうなっているの?

主食がプランクトンということもあり、人間のように歯が発達していないのがジンベエザメの特徴です。ジンベエザメの口の中には、小さな歯がびっしりと生えています。その一本一本はとても小さく、人間の小指の爪よりも小さいほどです。
 
また、サメ類はらせん状の腸があるのが特徴なのですが、ジンベエザメにも「らせん腸」が存在します。栄養の吸収面を広くするために、たくさんのひだのある腸がらせん状になっているのです。消化吸収がしやすいように、進化した結果ですね。
 
いかがでしたか?見た目にもインパクトのあるジンベエザメは、あの巨体とは対照的にプランクトンを食べて暮らしているのです。ぜひ、そんなジンベエザメの姿を直接見てみてくださいね。

2017.03.09

グラスボートでジンベエザメ観察

沖縄の海でジンベエザメや色とりどりの魚たちを見てみたいけれど、泳げないし、スキューバダイビングのライセンスも持っていない…。
そんな方におすすめなのがグラスボートによる海中観察です。船の中から、体を濡らすことなく魚たちの生態を間近に楽しむことができるのです。
透明度の高い沖縄の海だからこそ実現できるアクティビティを、ぜひ体験してみてください。

2017.03.09

魅力満載のジンベエザメが絶滅の危機!

世界最大の魚、ジンベエザメ。体長は10メートルを超えます。その大きさだけを聞くと凶暴な姿を思い浮かべそうですが、ジンベエザメという名前の由来は意外にも私たちの生活と密接したもので、不思議なエピソードに溢れています。実は日本では「漁業の神」と崇められてきた歴史があるのです。しかし、そのジンベエザメは絶滅の危機にあります。一体、何が起きたのでしょうか。

この記事をシェア

Writer紹介

Avatar Image

「こんにちは!ジンベエさん」編集部

ジンベエザメや沖縄の海のこと、ジンベエジェットなどの情報をみなさんに届けるために日々奮闘中。