2017年03月09日

カバそっくりのジュゴン 実は…人魚のモデル?

人魚伝説のモデルになったともいわれている、ジュゴン。
でも実際に見てみると、どちらかというと顔はカバにそっくり。人魚のモデルというと、ちょっと首をかしげてしまうかもしれませんが、私たち人間と同じ哺乳類で、海の人気者です。
そんなジュゴンは、どんな生活をしているの? 日本の海でも見ることができるの? いまから見ていきましょう。

巨体なうえに、ものすごく大食いです!

ジュゴンは全長約3メートル、体重は250キロ~400キロにもなる大きな生き物です(中にはもっと大きいものも、発見されています)。
カバのような顔や、ずんぐりした体型から、のんびりしたイメージを持つでしょうが、実際に見てみると、大きさに圧倒されるかもしれません。
大きな身体をしているだけあって、ジュゴンはとても大食いです。1日に、体重の10%以上も食べるのです。食事は海草で、食べてからよく消化するために、腸は体長の10倍以上もの長さがあります。
よく食べ、よくオナラもします。
それでいて、巨体ににあわず、笛の音のようなかわいらしい鳴き声を出します。
 

ジュゴンはとっても長生き!

ジュゴンはのんびりしたイメージのとおり、ふだんは時速3キロくらいでゆっくり泳いでいます(人間が歩くよりもおそいのですね)。
もっとも、サメなどの危険な動物からにげるときは、時速20キロ~30キロぐらいで泳ぎます。
また、ジュゴンは海に住んでいますが魚類ではなく、私たち人間と同じ哺乳類です。ゾウの近縁だと考えられています。
ゾウに近い種類だけあって寿命は長く、50年~70年も生きることができます。
もちろん長生きするには、エサになる海草がたくさんある場所に住む必要があります。またジュゴンはあたたかい海でしか生活できないので、南太平洋からインド洋の熱帯~亜熱帯に生息しています。

 

いままさに、絶滅の危機に瀕しています

さて、ここまで話を進めると、「ジュゴンは、日本の海にはいないの?」と、思う人もいるでしょう。
昔は、沖縄の周辺の海でも、ジュゴンがたくさん確認目撃されることもありました。沖縄の海はもちろんあたたかいですし、エサになる海草もたくさんあります。
しかし、正確な数は分かりませんが、現在では沖縄のジュゴンはきわめて少ないと考えられています。
 
沖縄に限らず、ジュゴンは世界中で減少しており、いまや絶滅の危機にあります。
そのため、ジュゴンを保護しようという動きが広まっており、以前のように世界中で乱獲されることはなくなりました。
しかし、それでもジュゴンの数は減りつづけているのです。
どうしてでしょうか? ジュゴンには、人間の乱獲やサメの捕食以外にも、大きな「天敵」がいるのです。
たとえば、海で船やボートとぶつかったり、そのスクリューで傷つけられたりして、ジュゴンが死んでしまうことがあります。また、人間が漁業のために仕掛けた網に引っかかって、死んでしまうこともあります。
人間がジュゴンの乱獲をやめても、人間が海で使う道具がジュゴンを死なせてしまうこともあるのです。
ジュゴンはもともと、繁殖力が強い動物ではありません(あまり子供を生まないため、数が増えにくいのです)。よってジュゴンが未来の海で生きのこるには、1匹1匹が本当に大切なのです。
なんとか絶滅の危機から救おうと、世界中の人たちが保護活動を行っています。
 

人魚伝説のモデル?

昔話の「人魚姫」などを読んだことがあるでしょうか?
この美しい人魚のモデルが、なんとジュゴンだともいわれています。
どうしてジュゴンが、人魚のモデルになったのでしょう?
あるいは、海に出た船乗りがジュゴンを見たときに、(故郷に残してきた)妻や恋人の姿を、ジュゴンに重ねたのかもしれません。
そう考えると、ジュゴンってちょっとロマンティックな存在にも思えてきますね。
 

この記事をシェア

Writer紹介

Avatar Image

「こんにちは!ジンベエさん」編集部

ジンベエザメや沖縄の海のこと、ジンベエジェットなどの情報をみなさんに届けるために日々奮闘中。