海の生き物の記事一覧

海の生き物には不思議がいっぱい。海にすむ魅力たっぷりの生き物たちをご紹介します。

  • 竜宮城出身? リュウグウノツカイの神秘

    竜宮城(りゅうぐうじょう)を、知っていますか? そう、浦島太郎が、カメに乗って行ってきたという伝説に出てくる、海の中にあるお城です。 今回ご紹介するリュウグウノツカイは、なんと竜宮城からやってきたともいわれる魚です。それが本当かどうかはともかく…昔の人は、この大きくて不思議な魚を、「竜宮城からの使い」のように思ったのでしょう。このなぞめいた魚について、もっとくわしく見ていきましょう。
  • あの人気者、「カクレクマノミ」には不思議がいっぱい!

    人気アニメ映画の主人公のモチーフになったことで知られる「カクレクマノミ」。
    あざやかなオレンジ色のからだに、くっきりした3本の白い縞模様。そんなかわいい姿で、イソギンチャクの危険な触手のなかを、ゆらゆらくねくね、平気な顔をして泳いでいます。どうして、こんな暮らし方をしているのでしょうか?
    カクレクマノミの不思議な生態を紹介します。
  • 巨大なハサミを振り回す、干潟のちびっ子「シオマネキ」

    遠浅の海岸で、潮が引いたときに現れる砂や泥の浜。これを「干潟(ひがた)」といいます。
    一見、生きものはあまりいないようですが、そうではありません。じっと動かないようにしていると、小さな穴のなかからカニたちが次々に出てきて動き出します。なかには、巨大なハサミをぶーん、ぶーんと振り回している不思議なカニも。これが干潟の個性派「シオマネキ」。
    こうらの幅がたった2㎝ほどの小さなカニです。干潮時、沖縄の海辺に行けば、このかわいい生きものに出あえるかもしれません。
  • 農業する魚たち!クロソラスズメダイとハナナガスズメダイ

    サンゴ礁に生息する魚と言えば、きらびやかで色鮮やかなべラやスズメダイの仲間が有名です。中でも、コバルトブルーやイエローなど、極彩色で小さなスズメダイの仲間は水族館でも人気者です。 実はスズメダイの仲間には、人間のように農業をする魚がいることをご存知ですか。 今回の主役は、きれいで人気者のスズメダイの仲間とは一線を画す、一見黒っぽくて地味なスズメダイの仲間、クロソラスズメダイとハナナガスズメダイという魚です。
  • 銀色に輝くクロマグロ 味も値段も金メダル級!

    クロマグロ(太平洋クロマグロ)は別名「本マグロ」とも呼ばれ、日本人にとって非常になじみのある魚です。
    マグロはお寿司(すし)の主役であり、クロマグロがなかったら、お寿司屋さんは成り立たないほどです。食用としてとても人気のクロマグロ。その一方で、絶滅の危機にもさらされています。クロマグロの魅力と、彼らの現状について、じっくり見ていきましょう。
  • カバそっくりのジュゴン 実は…人魚のモデル?

    人魚伝説のモデルになったともいわれている、ジュゴン。
    でも実際に見てみると、どちらかというと顔はカバにそっくり。人魚のモデルというと、ちょっと首をかしげてしまうかもしれませんが、私たち人間と同じ哺乳類で、海の人気者です。
    そんなジュゴンは、どんな生活をしているの? 日本の海でも見ることができるの? いまから見ていきましょう。
  • のろまなんて嘘? マンボウの真実

    おちょぼ口と頭だけの魚といった見た目がなんともユーモラスなマンボウは、水族館で一、二を争う人気者です。
    「泳ぎが下手でクラゲのようにぷかぷか浮いている」など、マンボウはのろまだ、とまことしやかに噂されてきました。しかし、最近になってこれまでの「のろまなマンボウ」像を覆すような真実が次々と発見されています。
  • 毎年毎年大移動!こわ~いホオジロザメにも「カフェ」がある?

    映画ですっかり「人食いザメ」の代表格となったのがホオジロザメです。全長は4~6.4メートル、大きな牙をもち、こわい顔をしたこのサメは、海の事故ではまっさきに名前があがります。
    そんなおそろしいホオジロザメ、最近になって、人間へ攻撃する理由の多くは「カン違い」であること、このサメはある時期になるといっせいにある場所に集合することなど、たくさんの謎がわかってきました。
  • 知っていたら自慢できる!ウミガメが愛される7つの理由

    アニメや映画のキャラクターにもなっているウミガメは世界中の人々から愛されています。ウミガメが愛されている理由は、その可愛らしい見た目だけではありません。
    今回はウミガメの知られざる7つの理由をご紹介します。今記事を読み終わった後には、もっとウミガメのことが好きになること間違いありません。

トップページにもどる