#ジンベエザメの記事一覧

#ジンベエザメ
  • ジンベエザメを車で運ぶ方法教えます

    大きな個体では10mを超す世界最大の魚類に数えられるジンベエザメ。では、もし車を使って陸路で生きたジンベエザメを運ぶとしたら、どんな風にすればよいでしょうか? これは、とんちではなく本当にあった出来事です。ジンベエザメ輸送のプロセス、必要な機材と量、意外なテクニックなど、高知から大阪まで運んだ実際のケースをもとにくわしくご紹介します。
  • 浅瀬が好きなジンベエザメは何メートル潜ることができる?

    突然ですがジンベエザメは何メートルまで潜ることができると思いますか? 2年前のジンベエザメを研究する科学者に同じ質問をすると、「海深くまで潜ることはない」と答えるでしょう。あなたはどう思います? 正解は記事を読んで確認してくださいね。
  • ジンベエザメってこんなに不思議な生き物!

    世界で1番大きな海洋生物ジンベエザメですが、どれだけジンベエザメについて知っていますか? 実はジンベエザメはたくさんのなぞに包まれた生物で、分かっていないことの方が多いんです。 今回はジンベエザメの不思議な生態と解明されていない謎について紹介します! ジンベエザメの生態解明のために、あのNASAも動いたとか…。
  • ジンベエザメは恐竜が誕生する前から地球にいた!?

    ジンベエザメは約6,600万年前に地球に誕生しました。約6,600万年年前といえば、恐竜が誕生する時代よりもずっと前で古第三紀に分類されます。ジンベエザメに限らずサメはとっても長い歴史を持つミステリアスな生物です。今回はジンベエザメの長い長い歴史について解説します。
  • 驚きのメカニズム! ジンベエザメの目、口、鼻、耳、エラの秘密

    例えば、多くのサメは目が輝いて見えること。ジンベエザメの歯はマッチの頭ほどしかないこと。耳たぶを持っていないのに人間よりはるかに聴力に優れていること。エラと背びれに不思議な相関があることなどなど。ジンベエザメを中心にサメの仲間たちのユニークな特徴を、目、歯、口、鼻、耳、エラとパーツ別にご紹介します。 サメたちの驚きのメカニズムに触れてみてください。
  • 300匹の赤ちゃんを産む!? ジンベエザメ繁殖の不思議

    ジンベエザメは、サメの仲間では数少ないプランクトンフィーダー(プランクトンを主食とするスタイル)です。 食べ物だけではありません、繁殖方法もサメの中では独特。卵ではなく、赤ちゃんの形で産み落とすのです。 ジンベエザメの赤ちゃんは体長約50~60cm。最大のサメにふさわしく、赤ちゃんもビッグサイズです。しかも、そんなに大きな赤ちゃんをいっぺんに約300匹も産むのだから驚き! まだまだ謎の多い、ジンベエザメの繁殖と成長についてご紹介しましょう。
  • ジンベエザメの体ってなんであんなに大きいの?

    世界で一番大きな魚といえば、ジンベエザメ。でも、なんであんなに大きな体を持っているのでしょうか?その理由は今までなぞに包まれていましたが、オーストラリアの研究チームが1つの仮説を導きました。今回は、ジンベエザメの体が大きな理由を解明していきましょう。
  • 「世界最大の空飛ぶサメ」を見に行こう

    「世界一」と聞くと、どうにも気になってしまいませんか? 毎日どこかで何かしらの世界一が生まれ、ギネスブックは更新し続けられているでしょう。今回取り上げたいのは「世界一の魚」について。世界一がどれくらいすごいものなのか、身近なものと比較しながら紹介します!
  • グラスボートでジンベエザメ観察

    沖縄の海でジンベエザメや色とりどりの魚たちを見てみたいけれど、泳げないし、スキューバダイビングのライセンスも持っていない…。
    そんな方におすすめなのがグラスボートによる海中観察です。船の中から、体を濡らすことなく魚たちの生態を間近に楽しむことができるのです。
    透明度の高い沖縄の海だからこそ実現できるアクティビティを、ぜひ体験してみてください。
  • 魅力満載のジンベエザメが絶滅の危機!

    世界最大の魚、ジンベエザメ。体長は10メートルを超えます。その大きさだけを聞くと凶暴な姿を思い浮かべそうですが、ジンベエザメという名前の由来は意外にも私たちの生活と密接したもので、不思議なエピソードに溢れています。実は日本では「漁業の神」と崇められてきた歴史があるのです。しかし、そのジンベエザメは絶滅の危機にあります。一体、何が起きたのでしょうか。

トップページにもどる