2017年07月31日

生きる海の宝石・ウミウサギに出会おう!

「ウミウサギ」(海兎)は小さな巻貝の仲間。透明感のあるつややかな殻が特長で、「生きている海の宝石」とも形容されています。代表的な純白の種にはじまり色や形はさまざま。浅いサンゴの海に生息します。 ウミウサギの貝がらは、各地でアクセサリーとして販売されていますが、沖縄なら土産物として入手できるのはもちろん、生きた姿も観察できます。 海の中のウミウサギは、自慢の(?)美しい殻を覆い隠し、黒っぽいナマコのようなインパクトのある姿に。ウミウサギの見つけ方や、サンゴを食べて暮らす独特の生態についてご紹介しましょう。

 
 

ジュエリーであり魔よけだったウミウサギ

ウミウサギは水深20mまでのサンゴ礁に暮らす巻貝。白い卵形の貝がらを持つことから「Egg Shell」の英名を持っています。
 
日本では、丸いふくらみを持つ白い貝がらを、背中を丸めた白ウサギや、お盆に雪を盛って作る「雪兎」になぞらえてウミウサギと呼ぶように。
江戸時代の文献には既にその名前が登場しています。
 

八重山ではウミウサギを 「ユーナッケ(夜鳴貝)」 と呼びます。
魔よけとして妊婦のいる部屋の外にかけておくと、夜風にあたって音がするからだそう。
 
赤ちゃんの夜泣きをしずめるおまじないに使われたからという説もあります。
 
モアイで有名なイースター島では、ウミウサギをあしらった首飾りが見つかっています。
 
美しいウミウサギの貝がらは貴重なジュエリーであり、魔よけの力を持つありがたいアイテムだったのです。
ウミウサギ貝の貝殻

photo by Anders Sandberg

 

大きさ、わずか1cm! ウミウサギの見つけ方

ウミウサギの仲間はとても小さく、多くは貝がらの大きさが1cm程度しかありません。
 
そのため、浜辺で貝がらを見つけるのも、海の中で姿を観察するのもとても大変。
でも、ウミウサギの習性をつかんでおくと、ダイビングやシュノーケリングで発見することもできますよ。
 
ウミウサギはサンゴを住みかとし、サンゴを食物としています。
 
ウミウサギが好むのは「ヤギ」や「ウミトサカ」など、サンゴの中でも殻の柔らかい「ソフトコーラル」と呼ばれる種類。
 
そのため、ウミウサギを見つけたいなら、まずヤギやウミトサカの多いダイビングポイントを知っておく必要があります。
マリンショップを通じて情報を入手しておきましょう。
 
サンゴ礁の浅瀬に潜ったら、岩場の少し高くなった場所から探していきます。
 
ウミウサギは岩礁の上側にソフトコーラルが生えていることを本能的に知っているので、自然と上へ上へと集まる性質があるのです。
 
ウミウサギはサンゴの枝と枝の間に隠れています。
ヒントになるのは「食痕(しょくこん)」、つまりウミウサギがサンゴを食べた痕。
 
食害されて「骨軸(こつじく)」と呼ばれる芯の見えているヤギ類や、ポリプ(本体)の縮んでいるウミトサカがあったら、近くにウミウサギがひそんでいるサインです。

ウミウサギ貝

 

ウミウサギ観察の注意点

本物のウミウサギと出会ったら、イメージとうらはらな真っ黒い姿に驚くはず。
 
透き通るような白い貝がらを持つウミウサギですが、普段は「外套膜(がいとうまく)」という表皮にあたる器官を、貝がらをくるむように露出させています。
 
貝がらを鑑賞されることの多いウミウサギですが、むしろ独特の美しさを持つ外套膜のとりこになってしまうダイバーもいるそう。

海の中のウミウサギ貝

photo by prilfish

この外套膜、とても破れやすいので触らないように気をつけてください。
外套膜にタッチされるとウミウサギには大きなストレスとなります。
 
サンゴ礁の浅瀬と言っても穏やかなだけではありません。
ポイントによっては潮流がとても速いことも。信頼のおけるインストラクターとともにダイビング、シュノーケリングを楽しんでください。
 
潮に流されそうになると、ウミウサギは糸のような粘液を分泌してサンゴにしがみつきます。
 
穏やかでない海は、いつもと違うウミウサギに出会えるチャンスでもあるのです。
 
ウミウサギは夜になると活発に食事を始めます。
 
よりイキイキとした姿を観察するならナイトダイビングもおすすめです。
 
 
それでは、よい旅を!

この記事をシェア

Writer紹介

Avatar Image

「こんにちは!ジンベエさん」編集部

ジンベエザメや沖縄の海のこと、ジンベエジェットなどの情報をみなさんに届けるために日々奮闘中。