2017年08月29日

浅瀬が好きなジンベエザメは何メートル潜ることができる?

突然ですがジンベエザメは何メートルまで潜ることができると思いますか? 2年前のジンベエザメを研究する科学者に同じ質問をすると、「海深くまで潜ることはない」と答えるでしょう。あなたはどう思います? 正解は記事を読んで確認してくださいね。

 
 

浅瀬が好きなジンベエザメ

温かいところが好きなジンベエザメは熱帯や亜熱帯などに生息します。

特に海の温度が高い浅瀬が大好きです。
 
お風呂に入ったときに、上のお湯と底のお湯の温度が違ってびっくりしたことはありませんか?

実は温かいお水の方が軽いので、上が熱くて下が冷たくなるという性質が水にはあります。
 
これと同じで浅瀬の方が温かく、海底の方が冷たいというわけです。
 
だから、普段ジンベエザメは浅瀬にいるのですね。

 

温かい海が大好きなジンベエザメは、海深~くまで潜ることはないと科学者たちは考えていました。
 
でも、本当にそうでしょうか?
 
ときに、常識は大きくひっくり返ります。
 
 

大きすぎるジンベエザメの追跡方法

浅瀬を泳ぐジンベエザメ

世界中の科学者たちが驚いたジンベエザメの新発見を紹介する前に、まずはジンベエザメの研究方法について2つだけ紹介させてください。

 

1つ目の研究方法は個体識別をして、回遊パターンを研究するものです。
 
ジンベエザメには斑点のような模様があります。あれは人間の指紋と同じで、同じものが1つもありません

つまり、斑点模様を見ることで個体識別をすることができるのです。

 

もう1つの研究方法は、ジンベエザメにタグをつけて追跡する方法です。
 
ジンベエザメに人工衛星で追跡することができるタグを取り付けることで、どこを泳いでいるのかがはっきりとします。

しかし、このタグを使った追跡方法には大きな問題が2つあります。

 

1つ目の問題は、タグの取り付け方法
 
大きな体を持つジンベエザメにボートで接近するのは困難です。

また運よく接近できたとしても、ダイバーが自由に動くジンベエザメにタグを取り付けるのは難しいですよね。

 

2つ目の問題は、タグが落ちてしまう可能性があることです。
 
この問題を解決するためには、タグをしっかりと固定する必要があります。

しかし、ジンベエザメが大人しくじっとしてくれればいいのですが、実際は大きな体を動かしますよね。

 

この2つの問題を解決することが、タグを使ったジンベエザメ追跡には不可欠です。大きすぎる体が研究の妨げになっていたのです。

 
 

意外と簡単にジンベエザメにタグ付けできちゃった!

ダイバーとジンベエザメ

ジンベエザメにタグを取り付けるのは困難だと紹介しましたが、意外な理由で簡単にタグ付けを行うことができました。
 
ジンベエザメはプランクトンや小魚などを飲み込むように食べます。

このジンベエザメのエサの食べ方が科学者たちに大きなチャンスを与るのです。

 

エサを追いかけているジンベエザメはときどき漁師の網に引っかかってしまいます。
 
インドネシアにいる漁師の網にもジンベエザメが引っかかってしまいました。
 
普段ならば、すぐにジンベエザメは解き放たれますが、インドネシアの研究チームはこの機会を研究に利用することにしたのです。

 

網の中にいるジンベエザメは自由に動くことができません。

つまり、タグをつけるのに絶好の機会ということです。
 
インドネシアの研究チームは最新の技術が搭載された人工衛星タグをジンベエザメのヒレに取り付けることができました。

しかも1匹ではなく、16匹ものジンベエザメにタグを取り付けることができたのです。
 
こうして、ジンベエザメの追跡調査が始まりました。
 
 

深い海の底でジンベエザメは何をやっているの?

16匹のジンベエザメの観察は18か月以上にも及びました。
 
その結果、世界中の科学者たちが驚く秘密が明らかになったのです。
 
なんと浅瀬が好きなジンベエザメは海深くまで潜ることができるのでした。

 

研究チームによると、16匹のジンベエザメのうち10匹海底625メートル以上まで潜ったそうです。
 
さらに、2匹の比較的小さなジンベエザメは約1,219メートルまで潜ったのです。
 
ジンベエザメの潜水能力のすごさをイメージできますか?

 

参考までに紹介すると、日本一高い建造物のスカイツリーは634メートルです。

深い海の中のジンベエザメ

これまで、浅瀬を好むジンベエザメは海深くまで潜ることはないと考えられていました。

だから、今回の発見は世界中の科学者たちを大きく驚かせたのです。

 

しかし、新事実の発見と同時に新たな疑問も浮かび上がってきました。
 
それは、ジンベエザメたちは深い海の底で何をしているのかということです。
 
多くの科学者が考える有力な仮説は、ジンベエザメは海底でエサを探しているというものです。

 

しかし、真相のほどは定かではありません。

 

今回、ジンベエザメに取り付けられたタグの寿命は2年間です。

科学者たちは、これからどんなジンベエザメの秘密が明らかになるのかとワクワクしています。

 

謎に包まれているジンベエザメですが、ミステリアスだから魅力的でもありますよね。

 

世界一大きな魚はどんなふうに私たちを驚かせてくれるのでしょうか?
 
これからもジンベエザメから目が離せません。

 

沖縄に旅行に行ったら、ジンベエザメを見にいってみませんか?
 
魅力あふれるジンベエザメ、間近で見るとすごい迫力ですよ!

 
 
それでは、よい旅を!

この記事をシェア

Writer紹介

Avatar Image

「こんにちは!ジンベエさん」編集部

ジンベエザメや沖縄の海のこと、ジンベエジェットなどの情報をみなさんに届けるために日々奮闘中。