#珍しい生き物の記事一覧

#珍しい生き物
  • あれ? 埋まっちゃった…チンアナゴの不思議な生態に迫る

    チンアナゴのことをご存知ですか? 名前はおかしな生物ですが、実態もおかしな生物です。チンアナゴは海底の砂に埋まっている見た目がとっても可愛らしい生物!今回は不思議なチンアナゴの生態について紹介します。
  • ジュゴンは実はベジタリアン!? ジュゴンを沖縄で見よう!

    神秘的な海洋生物のジュゴンは海の人気者! ジュゴンは大好きという方はたくさんいると思いますが、詳しく知っている人は少ないのでは? 実はジュゴンは、たくさんいる海洋生物の中で唯一のベジタリアンなのです。 そんなジュゴンは沖縄の海が大好き。 今回はジュゴンの生態と沖縄の海との関係について紹介します。
  • 海の英雄・ナポレオンフィッシュに会いに行こう!

    絶滅危惧種であるナポレオンフィッシュは2m近くまで成長するベラ科最大の魚。 大きく発達した額のコブが、ナポレオンの帽子に似ていることからその名がつきました。 沖縄では「ヒロサー」と呼ばれています。 ナポレオンフィッシュは美ら海水族館で飼育されていますし、慶良間諸島や石垣島だけでなく本島でもダイビングで出会うことができます。 魚の中では人懐っこい性格なので、運がよければ触ることもできます。 ナポレオンフィッシュに出会える方法や、生まれた時はメスしかいないという興味深い生態をご紹介しましょう。
  • 食べなくても生きられる? ダイオウグソクムシの神秘

    海にはまだまだ、人間の知らない世界がねむっているといいますか…本当におどろくべき存在、それがダイオウグソクムシです。 この生き物いったいなにがすごいのでしょうか。 ずばり「食べなくても生きていける」のです。日本の水族館で飼育されたダイオウグソクムシが、なんと5年以上もなにも食べずに生きつづけるという、大変な記録を作りました。 どうして食べなくても大丈夫なのか? ダイオウグソクムシとはなに者か? そのなぞにせまってみましょう。
  • 「お父さんが出産?」 タツノオトシゴの家族愛

    タツノオトシゴを、見たこと、聞いたことはあるでしょうか。 とっても変わった、個性的な姿をしているのです。そんなタツノオトシゴには意外な素顔があります。 オスとメスが、ロマンティックなダンスで愛しあったり、お父さんがいっしょうけんめい子育てしたり。そう、タツノオトシゴの生活は見た目以上に個性的で、魅力たっぷりなのです。

トップページにもどる