#生き物の不思議の記事一覧

#生き物の不思議
  • シャコが甲殻類最強だと言われるのに十分な理由

    シャコにどのようなイメージをお持ちですか? エビに似ている、お寿司のネタなどさまざまなイメージがあると思います。しかし、シャコ=甲殻類最強というイメージを持つ方は少ないでしょう。小さなシャコですが、実は絶対に近づくべきではない非常に危険な生物です。今回はシャコが甲殻類最強と言われる理由を紹介します。
  • サメより強い!? もしや最強!? 知っているようで知らないミズダコの真実

    あなたはタコに関してどのようなイメージを持っていますか?様々な答えがあるでしょうが、タコが強いとイメージする方はほとんどいないでしょう。でも、タコはとっても強い海洋生物なのです。なんと、サメをエサとすることも。今回はキング・オブ・タコといってもよいミズダコを紹介します。
  • 浅瀬が好きなジンベエザメは何メートル潜ることができる?

    突然ですがジンベエザメは何メートルまで潜ることができると思いますか? 2年前のジンベエザメを研究する科学者に同じ質問をすると、「海深くまで潜ることはない」と答えるでしょう。あなたはどう思います? 正解は記事を読んで確認してくださいね。
  • サメについてのウソとホント

    サメについてどんなイメージをお持ちですか? 多くの方が持っているイメージは、サメは凶暴、怖い、もしくはなんでもかみ砕くことができる鋭い歯を持っているなどではないでしょうか。でも、そのようなイメージがいつもホントとは限りません。今回は誤解されがちなサメについてのウソとホントを紹介します。
  • あれ? 埋まっちゃった…チンアナゴの不思議な生態に迫る

    チンアナゴのことをご存知ですか? 名前はおかしな生物ですが、実態もおかしな生物です。チンアナゴは海底の砂に埋まっている見た目がとっても可愛らしい生物!今回は不思議なチンアナゴの生態について紹介します。
  • 生きる海の宝石・ウミウサギに出会おう!

    「ウミウサギ」(海兎)は小さな巻貝の仲間。透明感のあるつややかな殻が特長で、「生きている海の宝石」とも形容されています。代表的な純白の種にはじまり色や形はさまざま。浅いサンゴの海に生息します。 ウミウサギの貝がらは、各地でアクセサリーとして販売されていますが、沖縄なら土産物として入手できるのはもちろん、生きた姿も観察できます。 海の中のウミウサギは、自慢の(?)美しい殻を覆い隠し、黒っぽいナマコのようなインパクトのある姿に。ウミウサギの見つけ方や、サンゴを食べて暮らす独特の生態についてご紹介しましょう。
  • 驚きのメカニズム! ジンベエザメの目、口、鼻、耳、エラの秘密

    例えば、多くのサメは目が輝いて見えること。ジンベエザメの歯はマッチの頭ほどしかないこと。耳たぶを持っていないのに人間よりはるかに聴力に優れていること。エラと背びれに不思議な相関があることなどなど。ジンベエザメを中心にサメの仲間たちのユニークな特徴を、目、歯、口、鼻、耳、エラとパーツ別にご紹介します。 サメたちの驚きのメカニズムに触れてみてください。
  • 殻には秘密も隠している? ヤドカリの知られざるプロフィールを大紹介!

    どの海の海岸にもいる可愛らしい生物といえばヤドカリですよね。ヤドカリが殻に住んでいることはみんな知っていますが、それ以外のことご存知ですか?ヤドカリは身近な生物ですが、身近すぎるがために私たちはあまりその生態について詳しく知りません。今回はヤドカリの知られざる秘密を大紹介します!
  • 300匹の赤ちゃんを産む!? ジンベエザメ繁殖の不思議

    ジンベエザメは、サメの仲間では数少ないプランクトンフィーダー(プランクトンを主食とするスタイル)です。 食べ物だけではありません、繁殖方法もサメの中では独特。卵ではなく、赤ちゃんの形で産み落とすのです。 ジンベエザメの赤ちゃんは体長約50~60cm。最大のサメにふさわしく、赤ちゃんもビッグサイズです。しかも、そんなに大きな赤ちゃんをいっぺんに約300匹も産むのだから驚き! まだまだ謎の多い、ジンベエザメの繁殖と成長についてご紹介しましょう。
  • 空飛ぶ海洋生物マンタの知られざる5つの秘密

    なぞに包まれた海の生物たちは子どもだけではなく、大人も楽しませます。今回紹介するのは、誰もが知っている大きな海洋生物マンタ。 水族館には必ずいるといっても過言ではないマンタですが、実は知られざる5つの秘密があります。マンタの脳の大きさ、名前の由来、そしてマンタの赤ちゃんの秘密まで紹介します。 マンタは本当に空を飛ぶことができるのでしょうか?

トップページにもどる