【さくらサーバー】DNSレコードでドメイン所有権を確認する方法を解説!

この記事ではさくらサーバーにおいて、DNSレコードでドメイン所有権を確認する方法について述べていきます。

Googleサーチコンソールでドメインの所有権を確認する際に「DNSレコードが必要!」と言われてしまい、訳が分からず悩んでいる方は是非参考にしてみて下さい。

カッパ君
カッパ君

さっそく内容に入っていくよ!

さくらサーバーでDNSレコードでドメイン所有権を確認する方法。

さくらサーバーにおいてDNSレコードでドメイン所有権を確認する方法について説明していきます。

これはGoogleサーチコンソールの設定を行う時などに必要となります。

➀さくらサーバーにログインし、会員メニューで「契約情報」→「契約ドメインの確認」と進みます。

契約ドメインの確認

②契約ドメインの一覧(画面下の方)の更に下、「ドメインメニュー」をクリック。

ドメインメニュー

③「管理ドメインとネームサーバの一覧」という画面に進むので、今回Googleサーチコンソールの設定をしたいドメインの「ゾーン編集」をクリックします。

ゾーン編集

④進んだ画面で「変更」をクリック。

変更

⑤「エントリの追加と変更」で必要事項を入力し、「新規登録」をクリックします。

エントリの追加と変更
  • エントリ名:Googleサーチコンソールに登録するドメインがトップドメインの場合は空欄でOK。(普通はこれを選択する)
  • 種別:Googleサーチコンソールの登録の場合「テキスト(TXT)」を選択。
  • :Googleサーチコンソールを登録しようとした際に表示されたTXTレコードをコピぺで入力。(※)
  • 「DNSチェック」と「TTL」はそのままでOKです。

「値」にはGoogleサーチコンソール登録手続き画面に表示されるTXTレコードをコピペします↓

DNSレコードでのドメイン所有権の確認

⑥「新規登録」をクリックし画面が下記画像のようなものに遷移したら、左の方にある「データ送信」をクリックし反映されるのを待ちます。

データ送信

⑦Googleサーチコンソールの登録画面に遷移し、「DNSレコードでのドメイン所有権の確認」で「確認」を押して完了。

DNSレコードでのドメイン所有権の確認

この後、サーチコンソールでサイトマップの送信を設定するのを忘れずに!

XML Sitemapsの設定方法と使い方!サイトマップを作ってgoogleに送ろう!

今回の内容は以上です。

カッパ君
カッパ君

最後までお読み頂きありがとうございます!

コメントはお気軽にどうぞ(承認制なので誹謗中傷は削除されます)

six + 20 =